CLOSE

BLOG ブログ

SHARE!

2019.04.12

redjuice個展「印刷技術の進化と、デジタルイラストの可能性」開催レポート

こんにちは。pixiv WAEN GALLERY運営スタッフです。
pixiv WAEN GALLERYでは4月29日(金)より、redjuice個展「印刷技術の進化と、デジタルイラストの可能性」を開催中です。

本展ではイラストレーターのredjuice先生のイラストやデザイン、監修されたフィギュアなどを展示しています。
展示作品の中にはアニメ『ギルティクラウン』、『BEATLESS』、小説『ハーモニー』などの伊藤計劃シリーズなど、ご自身がキャラクターデザインなどを手がけたアニメ作品のイラストも多数ございます。

それでは開催の様子をお伝えします。

入り口のメインビジュアルはスマホ用ゲーム『ドールズフロントライン』のキャラクターM82A1(日本版未実装)です。redjuice先生らしいシャープなデザインがとても魅力的なキャラクターになってます。

 

入り口を入ってすぐのところにTVアニメ『BEATLESS』のヒロイン、レイシアの新作フィギュアが出迎えてくれます!こちらは去年のワンダーフェスティバルで試作段階が発表されたもので、完成版でのお披露目はこの展示が初となります。

 

展示されたイラストはキヤノンのプリンタ「DreamLabo5000」と「imagePROGRAF PROシリーズ」で行ってます。業界最高水準のプリントクオリティをご覧いただけます。つぶれてしまいがちな暗いトーンの発色が良いと、来場者の方からも多くの感想があがってます!

 

長谷敏司氏の小説『BEATLESS』より。「スノウドロップ(上)」はpixivでもとても人気があるイラストです。

 

TVアニメ『ギルティクラウン』のイラストは集合絵も多く、見応えがあります。

 

こちらはredjuice先生がメインビジュアルを手がけているアーティスト『EGOIST』のイラスト。会期中にも公演イベントがあり、多くのファンの方がご来場されてました。

 

伊藤計劃氏の小説『屍者の帝国』より。

 



会場にはredjuice先生ご本人によるサイン色紙も展示されてます。ペンで見事に線を引かれていました!

 

過去に出版したredjuice先生の画集などを読むことができます。本は購入も可能なので、興味のあるかたは是非お手にとってご覧ください。販売状況は公式Twitterカタログページからご覧いただけます。

 

redjuice先生原案のフィギュアも多数展示してます。初音ミク、supercell楽曲の『ワールドイズマイン』は多くの方もご存じではないでしょうか。



redjuice先生のファンなら必ず訪れたい展示になっています。
すべての作品は撮影・SNSシェアできるので、ぜひぜひこの機会にギャラリーに遊びにきてください。

redjuice個展「印刷技術の進化と、デジタルイラストの可能性」は2019年4月17日(水)まで開催しています。
みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

 

[撮影/古瀬敏之]

▼redjuice個展「印刷技術の進化と、デジタルイラストの可能性」EXHBITHON概要
https://pixiv-waengallery.com/exhibition/redjuice_publish/

▼redjuice個展「印刷技術の進化と、デジタルイラストの可能性」グッズ一覧
https://pixiv-waengallery.com/catalog_goods/?archive=517

※グッズの完売情報はpixiv WAEN GALLERY公式Twitterアカウント(https://twitter.com/pixivwaen)にて発信しています。